会社・本社・事務所/移転の案内状・お知らせの書き方と文例・例文

会社・本社・事務所/移転の案内状・お知らせの書き方と文例・例文

時候の挨拶と平素の交誼への感謝、通知すべき事柄(ここでは移転する旨)、今後も変わらぬご厚誼のお願い、という形式を踏まえてまとめます。移転による変更などの詳細は、別記の形で箇条書きにしましょう。交通機関についても忘れずに。案内図をつけると一層ていねいです。

 

移転の案内状 @(文例・例文)

 

              移転のご通知

 

拝啓 春光うららかな今日この頃、貴社ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。平素から格別のお引き立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。

 

さて、このたび当社□□工場は○○年○月○日をもちまして、左記へ移転することとなりました。おかげさまをもちまして営業成績も順調に伸びておりますので、これを機に業務の拡大、促進を図ると共に、より多くの皆様の御愛顧をいただくことが出来ます様、社員一同精いっぱい努めて参る所存でございます。

 

どうか今後とも倍旧のご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。まずはご案内かたがたお願い申し上げます。 敬具

 

                 記

 

                   新住所〒
                   電話番号
                   案内図など
                             ○○○○株式会社
                             代表取締役 ○○太郎

 

移転の案内状 A

 

              事務所移転のお知らせ

 

謹啓 早春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただきまして、厚く御礼申し上げます。

 

さて、弊社ではこのたび、本社を左記の地へ移転することになりました。新社屋での業務開始は、○○年○月○日とさせていただきます。旧社屋では、狭さのため整理も行き届かず、なにかとご不便をおかけいたしましたが、新社屋ではそれもかなり解消されるものと思います。これを機に、社員一同一層の精進を重ねてまいります。どうか、今後ともよろしくご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。 敬白

 

        ○○年○月○日

 

                     記

 

                 新事務所所在地 
                 電話番号
                 移転日 ○年○月○日

 

                           ○○○○株式会社
                           代表取締役 ○○太郎

 

 

◆差し替えのきく決まり文句

  • このたび、○○から□□へ事務所を移転することとなりましたので、お知らせいたします。
  • 社屋新築に伴い、別記のとおり本社を移転いたしますので、ご通知申し上げます。
  • ○○ビルとの賃貸契約満了に伴い、別記の場所へ事務所を移転いたします。
  • 新社屋での営業開始は○月○日でございます。
  • 移転は○月○日より□日までの3日間の予定で行います。詳細の日程は別記のとおりでございます。なにかとご不便をおかけいたしますが、ご寛容のほどお願い申し上げます。
  • 今後とも一層のご指導御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
  • 引き続きご支援を賜りますよう…
  • 皆様にもご納得いただけるよう、一層の充実を図ってまいりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

◆その他の書き方

  • 当事務所も、開設以来、○○年近くが経過し、さすがに手狭となってまいりましたので、この際思いきって左記の場所へ移転することにいたしました。
  • これまではマンションの一室を使っておりましたが、オフィスビルへ移転することになりました。ようやく皆様のご不便も解消できるかと存じます。
  • 別記のとおり最寄り駅は旧事務所と同様、○○線○○駅ですが徒歩○分とかなり近くなりました。ご迷惑も少しは軽減するのではないかと思います。
  • 器とともに中身も気分も一新し、能率向上に努める所存です。
  • 後日あらためて御社に参上いたしまして、ご担当の方にご挨拶を申し上げますが、まずは書中にてご案内かたがたご挨拶を申し上げます。

>>その他の1月〜12月の時候・挨拶と結びの文例集はこちらへ
>>案内状・招待状の目次へ