懇親会の案内状・案内文・招待状の書き方と文例・例文

懇親会の案内状・招待状の書き方と文例・例文

案内状で注意することは、相手に出席していただきたいのですから、ていねいな言葉づかいで、興味をそそるような文面にしなくてはならないでしょう。かといって、長すぎるあいさつなどは感心しません。案内状はいつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうするのかを明確にし、その事柄をすんなり理解してもらうのが大切です。

 

懇親会の案内状/招待状 (文例・例文)

 

               懇親会の招待状

 

拝啓 春暖の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 

さて、このたび弊社では、新たに納入業者の仲間入りをされた各位 のご紹介と懇親をかねまして、下記のとおり親睦の会をもちたいと存じます。

 

つきましては、下記の要領にて開催いたしますので、ご多用中のところ誠に恐縮ですが、ふるってご参加賜りますよう、お願い申し上げます。  敬具

 

 

                 記  

 

     日時   ◯◯年◯月◯日 午後◯時〜午後◯時

 

     場所   ホテル◯◯ 「◯◯の間」 (住所・пj

 

      尚、お手数ですが出欠を◯月◯日までに同封はがきにて、
      折り返しお知らせください。  

 

 

      【案内図を貼付】

 

>>その他の1月〜12月の時候・挨拶と結びの文例集はこちらへ
>>案内状・招待状の目次へ