新年会の案内状・招待状の書き方と文例・例文

新年会の案内状・案内文・招待状の書き方と文例・例文

新年会を年明け早々に行う場合は、返信や諸準備のことも考え、早めに出しましょう。場合によっては12月中旬ごろに出してもかまいません。

 

新年会の案内状/招待状

お取引様 各位                          
                             □□ 年 月 日
                             ○○○○株式会社
                             代表取締役社長 ○○○○

 

            新年会のご案内

 

拝啓 時下ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。いつも格別のお引き立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。

 

さて、このたび弊社では恒例の新年会を下記要領で催すこととなりました。一年の節目を迎えご多忙のところ恐縮でございますが、日頃のご厚情に対していささかの謝意を表し、また親睦を深めたく存じます。万障お繰合わせのうえ、何卒ご参集下さいますようお願い申し上げます。

 

尚、会場の予約、準備などの都合がございますので、勝手ながら○月○日までに御返信下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

略式ながら書中にてご案内申し上げます。 敬具

 

             記

 

     1. 日時   ○月○日○時
     2. 会場   ○○ホテル△の間
     3. 会費   ○○○円

 

    ----------------------------------------------

 

   ■ 新年会の出欠  ・ご参加  ・不参加

 

    【略地図を貼付】                  
                       担当 ○○部 佐藤 宛
                       電話番号 00-0000-0000

 

取引先を招く新年会の案内状/招待状

 

          新年会のご案内

 

謹啓 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

 

さて、弊社では左記(下記)のとおり、吉例の新年会を開催したいと存じます。平素よりご厚情をいただいております皆様には、ご多忙中とは存じますが、ぜひご出席くださいますよう、ご案内申し上げます。 謹白

 

                            ○○産業株式会社
                            取締役社長 中村○○
              記

 

      日時 ○月○日○曜日○時
      場所 ○○○○ホテル(別紙地図をご覧ください)

 

◆ワンポイントアドバイス
会社や法人が主催する新年会ならば、差出人名を幹事ではなく社長、または代表取締役にするのが一般的なようです。

 

部下を呼ぶ自宅新年会の案内状/招待状

拝啓 輝かしい新年を迎え、元気でいることと思う。昨年の暮れは忙しく、総務課の諸君には本当にご苦労さまでした。

 

さて、例年どおり拙宅で新年会を開くことにしました。愚妻の手料理をさかなに大いに飲もうじゃないか。もちろん出欠は自由だが、デートの約束がなければ、ぜひ来ていただきたい。 敬具

 

  日時 1月○○日(日)午後1時より
  場所 自宅住所 電話番号 ○○線○駅 徒歩○分
                             総務部長 田宮○○

 

◆ワンポイントアドバイス
部下を招待する場合には、親しみをこめ、労をねぎらう文章が適切です。また「出席は自由」といった、部下の負担を軽くするような添え書きも忘れないこと。個人宅が会場となる場合は、道順についてもふれることが望ましいでしょう。

 

会員向けの新年会の案内状/招待状

 

あけましておめでとうございます。
会員の皆様には、元気に新年を迎えたこととお喜び申し上げます。

 

さて、当会では左記(下記)のとおり新年会を開催いたします。ぜひともご出席くださいますよう、ご案内申し上げます。

 

                              ○○同好会  林原○○
           記

 

  日時 1月○○日(金)午後7時
  場所 てんぷら○○(住所)電話番号
  会費 ○○○円

 

>>1月〜12月の時候・挨拶と結びの文例集はこちらへ
>>案内状・招待状の目次へ