送別会の案内状・案内文・招待状の書き方と文例・例文

送別会の案内状・招待状の書き方と文例

送別会の案内状は、相手が喜んで参加してくれるように書かなければなりません。また招かれて迷惑になるような人のところには、はじめから出さないと言うことも大切な心構えです。目的(誰のための行事か)日時(いつ催されるのか)場所(どこで催されるのか)、会費を必要とする場合は、その旨と金額を書き、服装や携行品なども、必要に応じて書くようにしましょう。

 

出欠の返事を必要とする場合、返信用の封筒または葉書を同封し、会場の電話番号や地図、最寄り駅などを記入しておくと親切です。

 

送別会の案内状 @(文例・例文)

拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

 

さて、このたび田中君が大阪へ転勤されることになりました。長期滞在予定とのことです。田中君の出発は来週の予定ですので是非同君の送別会にご出席くださるよう、お願いいたします。 敬具

 

             日 時 ○月○日○時
             場 所 ○△店(アクセスは詳しく)
             会 費 ○○○円

 

尚、出席される場合は○○までご一報下さい。
                             幹事 佐藤 ○○

 

 

送別会の案内状 A

 

         鈴木○○氏の送別会のお知らせ

 

前略 わが 「○○クラブ」 のメンバー・鈴木○○さんが、このたび実業を継ぐため、北海道○○市に戻られることになりました。その体格からしてもクラブの牽引車的存在だった鈴木さんとのお別れは、まことに残念でございますが、今後のご活躍とご健康を祈念し、下記のとおり送別会を催すことにいたしました。

 

週末ではほかにご予定もおありかと思いますが、お繰り合わせのうえぜひご出席いただき、鈴木さんを笑顔で見送ってくださいますようお願いいたします。 早々

 

               記

 

         日 時 ○月○日○時
         場 所 ○△店(アクセスは詳しく)
         会 費 ○○○円

 

 

尚、出席の有無、田丸まで折り返しご一報ください。

 

○年○月○日                    幹事 田丸○男
                             連絡先・・・・・・・

 

送別会の案内状 B

 

                               ○○年○○月○○日
◯◯部 各位
                                  幹事○○○○ 

 

               送別会のご案内

 

拝啓 浅春の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

 

さて、長年にわたり会社の発展と向上に貢献された松田○○次長が、この3月をもって、めでたく定年退職されることとなりました。

 

つきましては、松田次長の功績をたたえ、慰労する宴を催したいと存じます。お忙しいこととは存じますが、ぜひご出席くださいますよう、お願い申し上げます。 

 

出欠につきましては、恐れ入りますが、◯月◯日までに幹事宛ご返信ください。
ご協力よろしくお願い申し上げます。 敬具

 

                  記

 

              日 時 ○月○日○時
              場 所 ○○店(アクセスは詳しく)
              会 費 ○○○円

 

会費は後日集金しますので、よろしくお願いします。

 

◯をご記入ください (  )出席 (  )欠席  

 

(      )課 氏名(          )

 

 

送別会の案内状 C

 

           平井○子さんを賑々しく送る会のお知らせ

 

○年間、経理課のマドンナとして仕事をつづけてこられた平井○子さんですが、残念ながらこの3月をもって退社することになりました。今後は郷里の金沢に戻り、ご両親のもとで、○○の勉強をなさる予定とのことです。

 

つきましては、寂しさをぐっとこらえ、平井さんの新しい門出を盛大に祝う宴を催したいと存じます。年度末ではありますが、皆さま是非ご出席ください。

 

                    記

 

                日時、場所、会費
                出欠有無の連絡先

 

>>その他の1月〜12月の時候・挨拶と結びの文例集はこちらへ
>>案内状・招待状の目次へ