時候の挨拶6月|季節の挨拶6月|と結びの言葉

時候の挨拶6月・季節の挨拶6月と結びの言葉

【 水無月(みなづき)・風待月(かぜまちづき)涼暮月(りょうぼげつ)・鳴雷月(なるかみづき)】

 

6月/六月 時候挨拶(あいさつ)と結び 一覧

時候の挨拶には、「向暑の候」といった漢語調のものと、「うっとうしい梅雨の季節となりましたが…」などの口語調のものがあり、どのように表現するかで、その手紙の印象は相当に違ってきます。

 

漢語調の表現は格調高く儀礼的な手紙やビジネス文書によく使われています。一方、口語調のものにはやさしい響きがあり、親近感がありますから、お祝い状や礼状など、個人と個人でやりとりする手紙に適しています。

 

「○○の候」 は「○○の節」 「○○のみぎり(砌)」 と言い換えることもできます。

 

時候の挨拶/6月
  • 向暑の候
  • 入梅の候
  • 麦秋(ばくしゅう)の候
  • 桜桃の候
  • 初夏の候
  • 薄暑の候
  • 小夏の候
  • 霖雨(りんう)の候
  • 雨に洗われて、庭のあじさいの色が鮮やかです。
  • うっとうしい梅雨の季節となりましたが…
  • 梅雨寒の日が続いておりますが…
  • 今日は久しぶりに青空が広がっております。
  • 梅雨明けが待たれる今日このごろですが…
  • 梅雨入りのニュースが気になるこのごろ…
  • 梅雨前線が近づいてきました。
  • 梅雨空のうっとうしい季節となりました。
  • 梅雨空が恨めしいこのごろ…
  • 連日の雨で外出もままならず…
  • 連日の雨も一休み、今日は久しぶりの青空です。
  • 毎日毎日よくもまあ飽きずに降るものですね。
  • 庭のあじさいが、雨に美しく濡れています。
  • 雨のおかげで新緑もひときわ色鮮やかで…
  • 山々の緑も、雨に打たれて色濃くなりました。
  • 梅雨の晴れ間にのぞく青空に夏らしさを…
  • 今年はから梅雨だそうで、水不足が心配です。
  • 梅雨のない御地がほんとうにうらやましく…
  • 故郷では無事に田植えをすませたとのこと…
  • 梅雨明けの空がすがすがしい季節となりました。
  • 梅雨が上がったとたん、真夏日を思わせるような毎日が当地では続いております。
  • 衣替えの季節となりました。
  • せめて気分だけでもうっとうしさを忘れようと、新しいレインコートを買いました。

 

結びの言葉・挨拶/6月のパターン別

 

≪用件を総括する、一般的な使い方≫

  • 先ずはお礼(お知らせ・お願い・お見舞い)まで(申し上げます)
  • 先ずは書中にてご報告申し上げます
  • 取り急ぎご案内(ご報告・ご返事)申し上げます
  • 右、用件のみにて失礼いたします)
  • 右、とりあえずお礼のみにて失礼をいたします
  • 以上、くれぐれも宜しくお願い申し上げます
  • 以上、取り急ぎお知らせする次第です
  • 以上、よろしくおとりはからいください
  • 略儀ながら書中にて(をもって)お礼申し上げます
  • 勝手なお願いを申し上げ、まことに心苦しいのですが、どうか宜しくご検討ください
  • 甚だ勝手ではありますが宜しくお取り計らいのほどを
  • 詳しくはお目にかかった折にお話します

≪相手の健康や活躍をを祈る≫

  • 時節がらどうぞご自愛ください
  • ご自愛のほどお祈り申し上げます
  • お体をくれぐれもお大事に
  • ますますのご活躍を期待しております
  • ではお元気で
  • 皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます
  • それでは皆様ご健康でありますように
  • ご家族のご健勝を心よりお祈り申し上げます
  • 雨ばかりの毎日、おじさまの神経痛の具合はいかがかと案じております
  • 末筆ながらご家族の皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします
  • この夏は海にもごいっしょしたいなと

≪よろしくの伝言をお願いする≫

  • 末筆ながらご主人様にもよろしくお伝えください
  • 皆様によろしくお伝えください
  • お伝え願えれば幸いです
  • 父からもよろしくとのことでございます
  • 母もよろしくと申しておりました
  • 母からもご母堂様(ご尊父様)にくれぐれもよろしくと申しております
  • ○○様からもよろしくご伝言のほどをお願いいたします

≪返事を頼む≫

  • お手数ですが、折り返しご返事をいただければ幸いです
  • ご返事お待ちいたしております
  • 折り返しご返事のほど、お願い申し上げます
  • 準備の都合上、出欠をお知らせください(事務的用件や会の案内状など)
  • つきましては、人数確認の都合上○○日までにご返事いただければ幸いです
  • ご多用中恐縮でございますが、ぜひともご卓見を賜りたく、同封のはがきにて返信をいただければ幸甚に存じます
  • 近々お伺いしますので、その時にでもご返事聞かせていただければ幸甚にございます

≪今後につなげる、指導を仰ぐ≫

  • 今後ともよろしくお願いします
  • これからもどうぞよろしくお願い申し上げます
  • 近いうちにまたお便りさせていただきます
  • またお会いできる日を楽しみにしております
  • 今後ともご指導(ご鞭撻・ご教示・ご協力)くださるようお願いいたします
  • なお将来とも末永くご高配を賜りますよう伏してお願い申し上げます
  • 倍旧のご支援のほど、切にご懇願申し上げます

≪断る≫

  • 残念ながら貴意にそいかねますので、あしからずご了承いただきたく存じます
  • 以上、お心に添えず申しわけございませんが、なにとぞご寛容のほどお願い申し上げます
  • わがままを申しまして申し訳ありません。どうぞご寛容ください
  • 何とぞご寛恕(かんじょ)くださいますようお願いいたします
  •  

    季節に関係なく使える時候の挨拶

    • 天候不順の折…
    • 寒暖定まらぬ毎日が続いておりますが…
    • 久しぶりに快晴に恵まれ、湿りがちだった心も晴々としております。
    • 降り続く長雨に、気も滅入りがちですが…
    • 好天続きで、ひと雨ほしいところでございます。

    面識のない人に出す手紙の書き出し

    • 初めてお便りを差し上げます。
    • 突然のお便りで失礼いたします。
    • 突然のお手紙を差し上げる失礼をどうぞお許しください。
    • 突然のぶしつけなお手紙でまことに恐縮でございますが…
    • まことに突然で失礼ではございますが、一筆申し上げます。
    • まだ拝顔(はいがん)の栄(は)えを得ておりませんが、お手紙で申し上げます。

    時候の挨拶と結びの言葉を使った基本の構成/文例

    口語調の場合の基本構成 例文

     

    @ 時候の挨拶(口語調)
    A 主 文(用件を述べる)
    B 末 文(結びの挨拶)

     

    池上○朗 先生(様)

     

    拝啓 @ さわやかな初夏の風が吹く季節となりましたが、先生にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

     

     A さて、私がこの秋に結婚式を挙げることはご報告申し上げましたが、その披露宴に先生を新婦側の主賓としてお招きし、スピーチを頂戴したいと存じますが、お引き受けいただけませんでしょうか。厳しさのなかに温かさがこもっている先生のお話を、ぜひ私たちのはなむけにさせていただきたいのです。
     お忙しいところまことに恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。

     

     B 末筆ながらご家族の皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします。
     まずは、取り急ぎお願いまで。
                                         敬具

     

     年号○○年○月○日
                                      小林○○恵

     

     

    漢語調の場合の基本構成 例文

     

    @ 時候の挨拶(漢語調)
    A 主 文(用件を述べる)
    B 末 文(結びの挨拶)

     

    拝啓 @ 早春の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は当社に格別のご厚情を賜り、まことにありがとうございます。

     

    A さて、承りますれば、このたび、○○取締役にご昇進との由、衷心よりお祝い申し上げます。今後はさらに激務となりましょうが、御身お大切になさり、いっそうの、敏腕をただ、揮(ふる)われんことを祈ってやみません。

     

    B ご多忙と存じ、まずは書中にてお祝い申し上げます。        敬具   

     

    >>1月〜12月・時候の挨拶の目次へ