初節句祝いのお礼状の書き方と文例/例文

初節句祝いのお礼状(夫の母へ)の文例

初節句祝いに対するお礼状なら、子どもの表情や成長ぶりも具体的に書き添えると、感謝の気持ちがより伝わります。

 

夫の母へ初節句のお礼状(文例/例文)

お父様、お母様、○○の初節句祝いのお金、今日確かに受け取りました。いつも私たちのことをお気遣いいただき、本当にありがとうございます。早速今度の日曜日に3人でデパートへ買いに行くつもりです。よろいかぶとにしようか、五月人形にしようか、デパートから送られてきたカタログを見ながら、毎日話し合っているところです。5月5日には私も料理の腕をふるいますので、ぜひおふたりおそろいでお出かけください。お待ちしております。

 

まずは心からお礼申し上げます。 かしこ

 

その他 節句のお祝いへのお礼(文例/例文)

みごとな桃の花のアレンジメントをありがとうございます。さっそくひな人形のそばに飾りましたら、一気に春が訪れたように華やかになりました。いつもながら行き届いたお気遣いをいただき、こころよりお礼申し上げます。

 

春とは申せ、まだまだ肌寒い日がつづきます。どうかご自愛くださいますよう。  かしこ

 

>>お祝い金をいただいたときのお礼状はこちら
>>1月〜12月の時候・挨拶と結びの文例集はこちらへ
>>お礼状の目次へ