お礼状の書き方と文例集/例文

忘れ物/落し物を届けてくれた方へのお礼状の文例

遺失物(忘れ物・落し物)を届けてくれた未知の人に対して礼状の手紙を出すときは、初めて手紙を出すことの失礼を詫びてから、簡単な自己紹介をして用件に入ります。

 

お礼状〜遺失物/忘れ物・落し物を届けてくれた方へ(文例/例文)

前略 突然お便りを差し上げる失礼をお許しください。

 

先日、あなた様にカバンを拾っていただいた○○と申します。失くした翌日、出てこないだろうと絶望的な気持ちで駅に問い合わせましたところ、届いていましたので、驚き、また大変うれしく思いました。お恥ずかしいかぎりですが、あの日は○○会で飲みすぎ、カバンをうっかり網棚に乗せたまま電車を降りてしまったのです。財布もクレジットカードも、手帳も入っており、途方にくれておりましたが、あなた様のお心遣いのおかげで本当に助かりました。

 

何かと不人情が話題になる世の中ですが、あなた様のように親切な方がいらっしゃるとは…。私も何かの折には他人様にも親切にしたいと思いました。
別便にて、ほんのお礼のしるしまでに粗菓をお送りしました。どうぞお納めください。ほんとうにありがとうございました。 草々

 

>>1月〜12月の時候・挨拶と結びの文例集はこちらへ
>>お礼状の目次へ