結婚式の披露宴での謝辞〜親族代表の挨拶・スピーチ・文例・例文

親族代表/親戚の挨拶(スピーチ)の文例

結婚式/披露宴〜親族代表のスピーチ文例(謝辞)新郎の父の場合

私は新郎○○の父でございます。本日は、ご多忙中にも関わらず、このように多数お集りいただきまして、本当にありがとうございました。また、仲人様をはじめ、ご来賓の皆様および、ご列席の皆様より、ありがたいご祝辞と励ましのお言葉を頂戴し、心から厚く御礼申し上げます。
こうして実際に、二人の晴れ姿を見ておりますと、親としての感激もひとしおでございます。これから先の人生を、夫婦二人で手を取り合って歩んで行くわけでございますが、皆様方のお力とお導きを頂戴しまして、一日も早く、一人前の夫婦になってくれることを願っております。
なにぶん、若い未熟者の二人でございます。これからもご指導をあおぐことが多いかと存じますが、どうか今後とも、末永くお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
本日はまことにありがとうございました。

 

結婚式/披露宴〜親族代表のスピーチ文例(謝辞)新郎の叔父おじの場合

本日は皆様、お忙しい中、二人の結婚披露宴にご列席をいただきまして、ありがとうございます。また、先ほどからお心のこもった温かいご祝辞の数々、新郎新婦になり代わりまして、心よりお礼申し上げます。
私は、新郎の叔父、○○○○と申します。両家を代表いたしまして一言ご挨拶申し上げます。
甥の○○とは、これまで住まいが近いこともあって、わが子のように接してきました。幼いころから知っておりますだけに、まだまだ未熟者ではないかと、正直申しまして不安でした。しかしながら、今日の姿を見ておりまして、ずいぶんと大人になったものだなあと、しみじみ、改めて感じ入っている次第であります。
皆様、どうか今後とも、まだまだ世間知らずの未熟者でございますが、変らぬご支援とご指導賜りますよう、両名になり代わってお願い申し上げまして、はなはだ簡単ではございますが、私の挨拶とさせていただきます。本日は、ほんとうに ありがとうございました。

 

>>結婚式・披露宴のスピーチの例文/主賓・新郎・上司・友人代表・同僚・乾杯の目次はこちらへ