不良品の混入をお詫びする詫び状の書き方と文例・例文

不良品の混入をお詫びする詫び状の書き方と文例・例文

不良品の製造は、会社の信用にかかわる重大なミスで、商品の破損や誤送よりもやっかいです。今後に向けての覚悟と支援のお願い、また後日正式なお詫びを行うことを書き添えましょう。

 

 

お詫び状  不良品の混入を陳謝/詫びる手紙 (文例・例文)

拝啓 平素は格別のご用命を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 

さて、○月○日に貴社に納入させていただきました商品に不良品が混入しているとのお知らせを受け、大変に驚いております。万が一にもあってはならないことと、心よりお詫び申し上げます。

 

つきましては、本日づけで代替品をご送付申し上げましたので、ご検収のほど、どうぞよろしくお取り計らいください。今後はこのような不祥事を引き起こすことのないよう、品質管理には十分注意をいたします。

 

まことに勝手ながら、どうか今後もご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
近日中にあらためてお詫びに伺う所存でございますが、まずは書中にてお詫び申し上げます。 敬具

 

>>お詫び状の目次へ