同窓会(クラス会・同期会)の案内状・案内文・招待状の書き方と文例・例文

同窓会(クラス会・同期会)の案内状・招待状の書き方と文例

同窓会(クラス会)は、親しい者同士の集まりということになりますが、文面の上では礼儀を踏まえ、節度をもって表現しましょう。参加者が多いほど成功といえるわけですから、参加意欲を高めるようなしかけ≠ェ必要です。仲間の楽しい話題を紹介したり、当日のアトラクションを一部披露するなどの工夫をしましょう。懐かしさを募らせるような話題や表現も参加意欲を高めます。

 

>>同窓会の恩師あての招待状はこちら

同窓会/クラス会の案内状 @(文例・例文)

 

        同窓会(クラス会)の案内状

 

拝啓 春暖の候、皆様にはますますご健勝のことと存じます。

 

さて、、恒例となりました○○高校のクラス会を、下記の要領で開催することになりました。当時の担任沢田先生もご出席くださる予定です。ご多忙中とは存じますが、ぜひご参集ください。 敬具

 

                   記

 

       日時 ○月○日(土)午後△時〜
       場所 ○○○店 「彩」
               地下鉄○○駅下車三分
       会費 ○○○円

 

       尚、準備の都合上、出欠のお返事を○月○日までに
       いただきたいと存じます。

 

                                 幹事 田島○治

 

同窓会/クラス会の案内状 A

 

     第○回○○高等学校同窓会開催のご案内

 

拝啓 日差しがめっきり春めいてまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、旧交を温めるべく恒例となりました○○高等学校同窓会を、本年も左記により開催いたします。今回は、一時お体をこわされていた○○先生も、全快されて元気なお姿を見せてくださるとのことでございます。何かとご多用中とは存じますが、○年に一度の近況報告を兼ねて、お誘い合わせの上、ぜひご出席くださいますよう、お願い申し上げます。敬具

 

                  記
■ 日時 ○月×日△時
■ 場所 ○○○ホテル
■ 会費 ○○○円

 

尚、準備の都合上、出欠のお返事を○月○日までにいただきたいと存じます。
ご協力よろしくお願いいたします。
                               幹事 ○○○○

 

同窓会/クラス会の案内状 基本文例

拝啓 さわやかな若葉の季節となりましたが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。高校を卒業してはや10年。30代を目前にして、皆様それぞれの道でご活躍中のことと思います。

 

つきましては下記により、久しぶりに同窓会を開きますのでご案内申し上げます。斉藤先生にもご出席いただけるとのご返事をいただいております。なつかしいあの人・この人のお顔を見れば、日頃のストレスも吹き飛ぶはずです。お忙しいとは思いますが、ぜひご参加ください。

 

当日都合のつかない方も、返信用はがきにて近況をご披露くださいますようお願いいたします。 敬具

 

                 記 

 

              日時 ○月日△時
              場所 ○○○店
              会費 ○○○円
                                    幹事○○

 

同期会の案内状

 

       ○○中学校23期(○年卒業)同期会へのご案内

 

早いもので、私どもが中学校を卒業して20余年の歳月がたちました。皆様には、それぞれの舞台でご活躍のことと拝察いたします。本年、我々の多くは40歳、不惑の年を迎えます。この節目に、いまだ惑っている人もそうでない人も、懐かしく一同に会する機会を設けたいと、久々の同期会を企画いたしました。

 

当時の担任であられた鈴木先生、安藤先生もご壮健にお過ごしで、ご招待申し上げましたところ、ご出席との快いお返事をいただきました。先生を囲み、なごやかに楽しく歓談したいと存じます。

 

皆様には何かとご多用中とは存じますが、ぜひご出席くださいますよう、お願い申し上げます。

 

             記

 

     ■ 日時 ○月○日 △時〜△時
     ■ 場所 ○○○ホテル ○の間
     ■ 会費 ○○○円

 

          ○年○月○日             幹事○○○○

 

>>同窓会の恩師あての招待状はこちら
>>その他の1月〜12月の時候・挨拶と結びの文例集はこちらへ
>>案内状・招待状の目次へ