法事法要の挨拶・スピーチと案内状の例文

知って得する冠婚葬祭マナー
HOME>挨拶・案内状

法事/法要の挨拶(あいさつ)・案内状


 ◆ こちらは別ページ↓


  ├ 法事法要の四十九日・年忌法要など期日の解説
  ├
法事法要の服装・香典・布施・金額・引出物・お供えなど
  └
仏式の法事法要の準備/進行(ながれ)、神式・キリスト教式の法事法要
スポンサードリンク

法事/法要〜施主の挨拶(あいさつ)・スピーチ

◆ 施主の挨拶の基本…
    ・参列していただいたことへのお礼
    ・葬儀のときや葬儀後の厚誼への感謝

  さらに、食事や茶菓子へのお勧めと葬儀以後の遺族の気持ちや近況・

  故人の思い出なども盛り込むとなお良いでしょう。

 ●施主の四十九日(49日)の挨拶例/スピーチ

  ・法事/法要〜開始の挨拶

  「本日はご多用中のところ、亡き父(母)の四十九日の法要にお越しくださいまし
  て誠にありがとうございます。
  葬儀の際には、皆様にはひとかたならぬお世話を賜りましたこと、改めて御礼申し
  上げます。
  本日、無事に納骨を済ませることが出来ましたのも、皆様方のお力添えの賜
  物と心より感謝いたしております。父(母)がこの世を去ってから今日(こんにち)、
  今更ながら、その存在の大きさを実感いたしているところでございます。
  父(母)を失ったことは無念ですが、残された者が、力を合わせて仲良く生きていく
  事が、亡き父(母)への何よりの供養と信じております。
  どうか皆様、今後とも引き続きご指導賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げ
  ます。
  本日はわざわざお越しくださいましたのに、たいしたおもてなしもできませんが、
  お時間の許す限りごゆっくりお過ごしいただければと存じます。
  本日は誠にありがとうございました。

  それでは○○寺ご住職様、よろしくお願いいたします。」 と一礼
します。


  ・法事/法要〜終了の挨拶

  「そろそろお時間となりましたので、これにてお開きにしたいと存じます。
  父(母)が亡くなり寂しくなりましたが、どうか今後とも、変わらぬお付き合いを
  よろしくお願い申し上げます。
  本日は誠にありがとうございました。」

 ●施主の一周忌の挨拶例〜@

   
・法事/法要〜開始の挨拶


  「本日は、お忙しいところお集まりいただきまして、まことにありがとうございます。
  ただいまより、亡き夫
()
○○、法名○○院○○の一周忌法要を営(いとな)ませ
  ていただきます。」

  と、法要開始を告げ、僧侶に向かって 「よろしくお願いいたします」 と一礼します。


   ・法事/法要〜終了の挨拶

  「おかげをもちまして、亡き夫(妻)○○、法名○○院○○の一周忌法要を無事に営
  ませていただくことができました。本日は誠にありがとうございました。これより、ささ
  やかですが、簡単なお食事を用意いたしております。みなさま、どうぞ故人の思い出
  話などを交えて、ごゆっくりお召し上がりください。」

 ●一周忌の挨拶例〜A

   
・法事/法要〜開始の挨拶

  「本日は、皆様お忙しい中を亡き夫(妻)○○、法名○○院○○の一周忌にお参り
  いただきまして、ありがとうございました。ときは早いもので、夫(妻)が亡くなりまし
  て一年の月日が流れました。当初はただ呆然とする日がつづき、しばらくは火が
  消えたような状態でしたが、ようやく元気を取り戻してまいりました。
  これも、皆様方のお力添えのおかげと感謝いたしております。
  本日は、ささやかでございますが、お食事をご用意させていただきました。
  どうぞごゆっくりご歓談くださいますようお願い申し上げます。

  また、故人の思い出話などもお聞かせいただければ幸いでございます。
  本日はありがとうございました。

  それでは○○寺ご住職様、よろしくお願いいたします。」 と一礼します。


   ・法事/法要〜終了の挨拶

  「まだまだ皆様のお話をお聞きしたいのですが、お時間も大分過ぎてまいりました。
  このあたりで夫(妻)○○、法名○○院○○の一周忌法要を終了させていただきた
  いと存じます。夫(妻)がいなくなって寂しくなりましたが、残りました家族一同
  助け合ってやっていきたいと存じます。どうか皆様、今後とも変わらぬお付き合い
  のほどよろしくお願い申し上げます。
  皆様のお席の横にお引きもの(引出物)をご用意させていただきました。お帰りの
  際にはお忘れになりませぬよう、お持ち帰りくださいませ。
  本日は本当にありがとうございました。」
スポンサードリンク

                                           ▲ページUP
法事/法要〜参列者の挨拶



 参列者が挨拶する場合には、とくに気をつけなければならないことがあります。

  ※挨拶にあたって ありがとうございます」 という言葉を避けることです。



 ●参列者の挨拶例


 @ 「ご法要の席にお招きいただきまして恐れ入ります。
   今日はごいっしょにご供養させていただきます」


 A 「本日はお招きにあずかりまして恐縮です」
法事/法要〜案内状(例文)


 ・案内状を送付する

   料理や引出物の準備をしなければなりませんから、まえもって案内状を発送し、
   出欠の返事をもらう必要があります。返信用はがきを同封して、当日の2週間前
   までには発送します。

   近親者だけの法事(法要)ならば、電話連絡で済ませてもよいでしょう。
   しかし、故人に縁の深い方々を招待する場合には、案内状を差し出します。


●案内状の例文/文例        こちらにも文例が >>四十九日法要の案内状
                                 >>一周忌法要の案内状

 時候の挨拶からはじまり
 ここのスペース(前文)に、故人家族の近況をつづります。

   さて、今年○月○日亡父(母)○○の○回忌を迎えますので、
  来たる○月○日午前十一時から○○寺様にお越しいただきまして、
  自宅にて心ばかりの法要を営みたいと存じます。

  ご多忙中のところ恐縮ではございますが、当日ご参拝、ご焼香ください
  ますようお願い申し上げます。

  なお、法要の終了後、粗飯(そはん)ではありますが召しあがっていた
  だき、故人の思い出話などでお過ごしくださいますよう、重ねてお願い
  申し上げます。


    ※注意: 法事を寺院で行う場合は、案内図や塔婆建立の有無も
          書き添えておきましょう。

法事/法要の案内状が届いたら


法事法要の案内状が届いたら、病気などのやむ得ない事情をのぞいては、

出席するのがマナーです。

施主側には準備の都合(宴席の手配など)がありますので、
遅くとも一週間前までには、返事を出すようにしましょう。



                                           ▲ページUP


冠婚葬祭マナー/TOP

サイトマップ

 結 婚

見合いマナー
結納
結納の挨拶(口上)
結婚式の準備
新郎新婦の心得
披露宴/結婚式マナー
結婚式/披露宴スピーチ

結婚式/披露宴の服装
結婚式・披露宴
  スタッフの心得


 お祝いと行事

結婚祝い
結婚記念日
帯祝い
出産祝い・金額相場ほか
お七夜・お宮参り
  ・お食い初め

初節句のお祝い
七五三のお祝い
入園・入学祝い
卒業のお祝い

就職のお祝い

成人のお祝い
栄転のお祝い
昇進のお祝い
退職・定年退職祝い
還暦祝い/長寿祝い
新築のお祝い
引越し転居祝い
開店お祝い
開業のお祝い
快気祝い・全快祝いほか


 葬 儀

葬儀葬式告別式のマナー
香典の金額・相場ほか
通夜のマナー

通夜・葬儀葬式の服装
葬儀葬式/告別式関連の挨拶
お悔やみの言葉
通夜ぶるまい

香典返しのマナー
法事・法要のマナー
法事法要の挨拶・案内状
法事法要の期日・回忌法要
法事法要の服装

 お付き合い

訪問の際のマナー

お中元 ・お歳暮
お見舞い
近所付き合いのマナー
引越し手続き・準備
公共 マナー


 テーブルマナー

食事のマナー


 手紙・はがき

お礼状
お祝い状

詫び状
通知・挨拶状/送り状

案内状・招待状
お悔やみ状
お見舞い状
時候の挨拶

 ビジネスマナー

ビジネスマナー 挨拶

ビジネスマナー 服装
ビジネスマナー 電話

ビジネスマナー 名刺

▼Others

冠婚葬祭の関連用語

                      ◆ Copyright (C) 知って得する!!冠婚葬祭マナー All Rights Reserved ◆