香典の金額の相場・香典袋(不祝儀袋)の書き方・郵送マナーがわかる

知って得する冠婚葬祭マナー           
香典 花ロゴ


香典(不祝儀)のマナー


香典(不祝儀))はもともと、故人の霊に供えるお香のことでしたが、現在では、葬儀費用の足しにという意味で現金を贈ることが一般化しています。

  こちらは別ページです↓

 ◆葬儀・葬式・告別式の服装など冠婚葬祭マナー


 ◆香典返しのマナー・挨拶状・香典を寄付する場合は?
スポンサードリンク

◎お通夜・葬儀葬式・告別式:香典の金額(相場)



香典(不祝儀)金額相場にはこれといった決まりはありませんが、
ふつうは次のことを念頭において決めます。

●故人や遺族との親密度
親族や親しい友人・知人はほかの人より少し多めに包みます。

●一家の故人の立場
故人が一家の中心的な存在である主人や主婦の場合は、お年寄りや子供より多めに
包むことが多いようです。


●自身の社会的な地位や年齢
肩書きのある中高年者は、若い一般社員より多く包む必要があるでしょう。

         ※香典(不祝儀)の金額相場は、地域や習慣によって異なりますが、
           こちらの表は一応の目安になりますので、参考にしてください。
 香典の目安/相場  香典の目安/相場
 会社の上司  5,000〜10,000円  祖父母  10,000〜30,000円
 会社の同僚  5,000〜10,000円  両親  50,000〜100,000円
 会社の部下  10,000円  兄弟・姉妹  50,000〜100,000円
 取引先関係  5,000〜10,000円  親族/親戚  10,000〜30,000円
 友人・知人  5,000〜10,000円  隣近所  5,000〜10,000円
 友人・知人の家族  5,000〜10,000円
スポンサードリンク
                                            ▲ページUP
◎香典袋/不祝儀袋の書き方(表書き) / 宗旨(宗派)によって違う


仏教/仏式のお葬式の場合は、宗派がわからない時は 「御霊前」
と書くことが多く、ほかに
「御香典」 「御香料」 と書く場合もあります。

ただし、浄土真宗は、「御仏前」 と書きます。死者は即浄土に往生した
のであり、「霊」は認めていませんので
「御霊前」 は用いません。


また、曹洞宗(禅宗系)などは、教義に 「浄土」 は存在しませんので、
「御仏前」 とするのが一般的のようです。

四十九日以後の法要(法事)は、「御仏前」と書きます。
御霊前

神道/神式のお葬式の場合は、仏教で行う焼香がありませんので
香典という言葉がありません。
「玉串料」 「御玉串料」(おんたまぐしり
ょう)
と書き、「御神饌料」(ごしんせんりょう) 「御榊料」(おさかきりょう)
と書く場合もあります。

宗派がわからないような場合は 「御霊前」が一般的のようです。
玉串料

キリスト教のお葬式の場合は、「お花料」「御花料」 「御ミサ料」
「御霊前」
と書きます。

「お花料」 の場合は、十字のついたキリスト教専用の香典袋を使用し、
カトリック・プロテスタント共通で宗派を問わず使えます。

「御霊前」 「御ミサ料」 はカトリック専用の香典の表書きです。
「御霊前」 にかぎって は、仏式・神道・キリスト教式に共通の
使用ができます。
お花料

◎香典の供え方/ 出し方  ≫受付でのマナーはこちら

受付で係りの人に渡す時は、表書きを係りの人が読める向きにして
「どうぞご霊前にお供え(おそなえ)ください」と、ひと言添えて渡します。

受付が設けられていない場合は、祭壇のある部屋まで進み、ご遺族に
お悔やみを述べてから、,焼香の前に祭壇に供えます。この時も表書きが
ご霊前に、向くように差し出します。
また、祭壇がない場合には、喪主かご遺族に直接手渡します。
手渡すときは、相手側に袋の向きを変えてから差し出すのがマナーです。

また香典のお断りがある場合は、無理に渡すことは控えましょう。

香典は不祝儀袋にいれ、ふくさに包んで持参するようにします。
これは不祝儀袋を汚さないというのがその主旨であるため、
地味な色の小ふろしきや白いハンカチで代用しても構いません。


注意!
香典袋に入れるお札は新札は避ける(死を予測して用意した印象を与える)
       ようにしましょう。もし新札しか手元に無かった場合は、一度折り目をつけて
       から香典袋に入れると良いでしょう。
(お金も入れ忘れないように)

◎香典の郵送

諸事情でどうしても葬儀にかけつけられない場合には、
香典は郵送してもかまいません。

葬儀に参列できない場合は、まず弔電を打ち、
追って香典を郵送するようにしましょう。


郵送する際の手順は、

 
・香典袋は現金書留の封筒に収まるサイズになっていますので、
  現金を包んだ香典袋を、現金書留の封筒に入れて喪主宛てに
  
速達で郵送します。
  (現金書留の封筒に現金だけを直接入れることはいけません)

 ・香典袋(不祝儀袋)の表書きや中袋への住所氏名等の記入は、葬儀に持参
  する時と同じように全て記入します。(現金書留封筒に住所氏名を記入した
  からといって香典袋の記入を省略してはいけません)

 ・香典の郵送時には、お悔やみの言葉と参列できない無礼とお詫びを、
  手書きの手紙で一筆添えましょう。(白い便箋でお悔やみ状を添えると丁寧)


                               
お悔やみ状の文例
注意!

     
お通夜・葬儀葬式・告別式に参列できない場合には、
     他の弔問者(知人等)に香典を預けることは相手方
     に対して失礼にあたります。(企業などの部署代表者
     が持参する場合は例外)


     他の郵送法に 、香典を弔電と一緒に電報為替という形で送る方法も
     ありますが、ご遺族側の換金処理などの手間を考えると、現金書留で
     郵送したほうが親切です。

                                          ▲ページUP


冠婚葬祭マナー/TOP

サイトマップ

 結 婚

見合いマナー
結納
結納の挨拶(口上)
結婚式の準備
新郎新婦の心得
披露宴/結婚式マナー
結婚式/披露宴スピーチ

結婚式/披露宴の服装
結婚式・披露宴
  スタッフの心得


 お祝いと行事

結婚祝い
結婚記念日
帯祝い
出産祝い・金額相場ほか
お七夜・お宮参り
  ・お食い初め

初節句のお祝い
七五三のお祝い
入園・入学祝い
卒業のお祝い

就職のお祝い

成人のお祝い
栄転のお祝い
昇進のお祝い
退職・定年退職祝い
還暦祝い/長寿祝い
新築のお祝い
引越し転居祝い
開店お祝い
開業のお祝い
快気祝い・全快祝いほか


 葬 儀

葬儀葬式告別式のマナー
香典の金額・相場ほか
通夜のマナー

通夜・葬儀葬式の服装
葬儀葬式/告別式関連の挨拶
お悔やみの言葉
通夜ぶるまい

香典返しのマナー
法事・法要のマナー
法事法要の挨拶・案内状
法事法要の期日・回忌法要
法事法要の服装

 お付き合い

訪問の際のマナー

お中元 ・お歳暮
お見舞い
近所付き合いのマナー
引越し手続き・準備
公共 マナー


 テーブルマナー

食事のマナー


 手紙・はがき

お礼状
お祝い状

詫び状
通知・挨拶状/送り状

案内状・招待状
お悔やみ状
お見舞い状
時候の挨拶

 ビジネスマナー

ビジネスマナー 挨拶

ビジネスマナー 服装
ビジネスマナー 電話

ビジネスマナー 名刺

▼Others

冠婚葬祭の関連用語

香典 花ロゴ2

                      ◆ Copyright (C) 知って得する!!冠婚葬祭マナー All Rights Reserved ◆