結納の挨拶と口上を一例で紹介

知って得する冠婚葬祭マナー

結納の挨拶・口上について

結納 花ロゴ

結納〜挨拶(口上)

結納にはさばざまな作法や口上/挨拶(決まり文句)があります。
流れを把握して、スムーズに進めるように心がけましょう。



   ↓こちらは別ページです

 
結納金・結納品・お返し・服装・式などのマナー
スポンサードリンク

◎ 正式結納 〜儀式の進め方(仲人が両家を往復する)


以前は、両家が仲人(なこうど)とは別の使者を立てて結納を取り交わしましたが、
現在は仲人夫妻が両家を往復する形に変わりました。
関東式の一般的な手順や口上挨拶)は次のとおりです。


  関東式(儀式)の一般的な手順と口上(決まり文句)  


 <1> 男性宅へ行って結納品を預かる


 本人(新郎)と両親は玄関で仲人を迎え、結納品を飾ってある部屋へご案内します。
 茶菓の接待などは控え、ひと呼吸おいたら、すぐに仲人が口上を述べます。

仲人: 「このたびは○○様と△△様のご縁談がめでたくととのい、おめでとうございます。
     本日はお日柄もよく、謹んでご結納お取次ぎの大役を務めさせていただきます」

     父親または本人が、床の間に飾ってある結納品と家族書・親族書を取り下げ、
     仲人の前に運びます。

父親または(新郎の父または新郎))
男性
本人:
 「本日はご多用のところ、大変お世話になります。私どもの結納の品でございます。
     △△様へお納めくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。」

     仲人は目録に目を通し、結納品を確認します。

仲人: 「確かにお預かりいたしました。△△様へお納めにまいります。」

     仲人(仲人夫人でもよい)が結納品や片木台
(へぎだい)を、購入したときの箱に納め、
     家族書・親族書などとともにふろしきに包みます。解く∞ほどく は縁起が悪い
     のため、ふろしきの端は結ばないで、内側に折り返します。
     仲人が結納品を両手で胸の高さにささげ持ち、夫人とともに女性宅へ向かいます。
     男性側は玄関まで見送ります。


 <2> 女性宅へ結納品を納める

 女性宅では、母親が玄関で仲人夫妻を迎え、本人と父親は、結納品を飾った部屋の
 下座で待ちます。ここでも茶菓の接待や雑談などはせず、仲人はすぐに片木台に
 結納品を整えます。整ったら、仲人夫人が女性の前に運びます。

仲人: 「このたびは○○様と△△様のご縁談がめでたくととのい、おめでとうございます。」
     本日はお日柄もよろしいので、○○様よりご結納の品をお届けにまいりました。
     どうぞ幾久しくお納めください」


     父親または本人(女性)が目録に目を通し、元に戻してから本人がお礼を述べます。


女性(新婦)
本人:
「本日はご多用のところ、お世話になります。○○様よりのご結納の品、
     幾久しくお受けいたします」
     
     本人が結納品を床の間し運んで飾り、自分側の結納品を取り下げ、受書を添えて
     仲人に渡します。


父親または
女性
本人:
「ご結納の受書と私どもの結納の品でございます。○○様へ幾久しくお納めください
     ますようよろしくお願い申し上げます」

仲人: 「確かにお預かりいたしました。○○様へお納めにまいります」

     結納品と受書をふろしきに包んで、再び男性宅へ向かいます。

                                             ▲ページUP


 <3> 男性宅へ結納品と受書を納める

 仲人は、男性宅に到着したらすぐに結納品を整え、口上を述べます。

仲人: 「△△様よりお預かりいたしました受書とご結納の品でございます。
     幾久しくお納めください」


     本人(男性)が目録に目を通し、元どおりに戻してからお礼を述べます。

男性(新郎)
本人:
「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」


     父親または本人が結納品を床の間に飾り、受書を仲人に渡します。

父親または
男性
本人:
「ただいま頂戴いたしましたご結納の受書でございます。
     △△様へお届けくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
     本日はひとかたならぬお世話をいただき、まことにありがとうございます」


仲人: 「確かにお預かりいたしました。では△△様へお届けにまいります」

     再び女性宅へ向かう仲人を、全員で見送ります。



 <4> 女性宅へ受書を納める

 仲人は、部屋に通されたらすぐに口上を述べ、受書を渡します。

仲人: 「ただいま、○○様へご結納の品をお納めしてまいりました。
     こちらが受書でございます。これにて本日の○○様と△△様のご結納の儀、
     滞りなく終了いたしました。まことにおめでとうございます」


父親または
女性
本人: 「本日はまことにありがとうございました。ささやかながら酒肴(しゅこう)の用意が
     ございますので、どうぞおくつろぎください」

     女性側で用意しておいた祝い膳で、仲人の労をねぎらいます。

                                             ▲ページUP

◎ 集合型結納 (一堂に会して行う)


仲人と両家が一室に集まって行う略式結納では、仲人が両家の間に立って、すべてを
執り行います。結納交換が終了するまでは、両家はことばを交わしません。

どちらか一方が仲人と結納のやり取りをしている間も、もう一方は見守るだけにします。
開会時と終了時以外は、いっしょにお辞儀をするようなことも控えます。



 <1> 結納品を飾り、口上を述べる

 両家とも仲人に結納品を預け、床の間か上座に飾ってもらいます。
 全員が着席したら、男性側の父親が代表して仲人夫妻に挨拶を述べます。

男性側
父親:
本日はご多用中のところ、両家の仲立ちをお引き受けいただきまして
     ありがとうございます。お取り次ぎのほどをよろしくお願い申し上げます」 (一同礼)


仲人: 「このたびは○○様と△△様のご婚約がととのい、まことにおめでとうございます。
     本来ならば私がご両家に持参すべきですが、略式ながらこの席にてご結納の
     取り次ぎをさせていただきます。(一同礼)



 <2> 男性側から女性側に結納品を贈る

 仲人婦人は男性側の結納品を取り下げ、女性本人の前に、正面を向けて
 置きます。片木盆にのせた婚約記念品や家族書・親族書も同様に置きます。

仲人: ○○様からのご結納のお品でございます。幾久しくお納めください」

女性側父親
または
本人:
「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします。(礼) 拝見します」

     本人、父親、母親の順に目録に目を通し、元どおりにたたんで台に戻してから、
     片木盆にのせた受書を仲人夫人に渡します。


女性側父親
または本人:
「ご結納の受書でございます。よろしくお取り次ぎをお願いいたします」


仲人夫人: 「お預かりいたします。

     仲人夫人が受書を男性本人の前に差し出します。

仲人: △△様からのご結納の受書でございます」

                                             ▲ページUP



 <3> 女性側から男性側へ結納品を贈る

 同様にして女性側から男性側への結納品を贈り、受書を女性側に渡します。
 *受書のやりとりは省略することが多くなっています



 <4> 締めくくりの口上を述べる

仲人: 「これにておふたりのご婚約がめでたくととのいました。
     本日はまことにおめでとうございます」 (一同礼)


     最後に男性側の父親が両家を代表して、仲人にお礼を述べます。

男性側(新郎)
父親:
おかげさまでふたりの婚約がととのいました。
     本日はたいへんお世話になり、まことにありがとうございました」


男女
本人:
「ありがとうございました」


     式が終了したら、一同で会食する

                                             ▲ページUP

◎ 両家だけで行う集合型結納 (仲人を立てない)


仲人を立てない場合は、男性側の父親が進行役を務め、両家が直接ことばを交わし
ながら進めます。



 <1> 結納品を飾り、口上を述べる

 結納品を上座に飾り、全員が着席したら、男性側がすぐに口上を述べます。

男性側父親
または
本人:
「本日はお日柄もよろしく、両家の縁談がととのいまして、
         しるしばかりの結納でございますが、よろしくお願いいたします。」



 <2> 男性から女性へ結納品を贈る

 男性側の母親が結納品を、女性の前まで運び、一礼して自席に戻ります。

男性側父親
または
本人:
「結納の品でございます。幾久しくお納めください」


女性側父親
または
本人:
「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」


       本人、父親、母親の順に目録に目を通し、元どおりに戻します。


 <3> 女性から男性へ結納品を贈る

 <2>と同様に、女性側から男性側へ結納品を贈ります。


 <4> 締めくくりの挨拶をする

 男性側の父親が口上を述べます。

男性側
父親:
「滞りなく結納を執り行うことができました。これからも幾久しくよろしく
     お願いいたします」


     本人たちも両親にお礼を述べます。

男女
本人:
「これで私どもの婚約が成立しました。ありがとうございました」





                                                ▲ページUP

冠婚葬祭マナー/TOP

サイトマップ

 結 婚

見合いマナー
結納
結納の挨拶(口上)
結婚式の準備
新郎新婦の心得
披露宴/結婚式マナー
結婚式/披露宴スピーチ

結婚式/披露宴の服装
結婚式・披露宴
  スタッフの心得


 お祝いと行事

結婚祝い
結婚記念日
帯祝い
出産祝い・金額相場ほか
お七夜・お宮参り
  ・お食い初め

初節句のお祝い
七五三のお祝い
入園・入学祝い
卒業のお祝い

就職のお祝い

成人のお祝い
栄転のお祝い
昇進のお祝い
退職・定年退職祝い
還暦祝い/長寿祝い
新築のお祝い
引越し転居祝い
開店お祝い
開業のお祝い
快気祝い・全快祝いほか


 葬 儀

葬儀葬式告別式のマナー
香典の金額・相場ほか
通夜のマナー

通夜・葬儀葬式の服装
葬儀葬式/告別式関連の挨拶
お悔やみの言葉
通夜ぶるまい

香典返しのマナー
法事・法要のマナー
法事法要の挨拶・案内状
法事法要の期日・回忌法要
法事法要の服装

 お付き合い

訪問の際のマナー

お中元 ・お歳暮
お見舞い
近所付き合いのマナー
引越し手続き・準備
公共 マナー


 テーブルマナー

食事のマナー


 手紙・はがき

お礼状
お祝い状

詫び状
通知・挨拶状/送り状

案内状・招待状
お悔やみ状
お見舞い状
時候の挨拶

 ビジネスマナー

ビジネスマナー 挨拶

ビジネスマナー 服装
ビジネスマナー 電話

ビジネスマナー 名刺

▼Others

冠婚葬祭の関連用語




                      ◆ Copyright (C) 知って得する!!冠婚葬祭マナー All Rights Reserved ◆