見合い結婚の仕方・仲人・挨拶・服装・履歴書・お礼・断るマナーがわかる

知って得する冠婚葬祭マナー
見合いのロゴ
HOME>見合い



見合い結婚 (お見合い)

 見合いの準備・当日のマナー

最近では見合い 結婚のスタイルも多様化してきていますが、基本的なマナーや
タブーを心得ておきましょう。

スポンサードリンク

見合いの最近のスタイル


昔は食事のしかたで親のしつけがわかる≠ニいわれ、見合いも食事をしながら
行うのが慣例でしたが、最近では、双方がゆっくり話ができることに重点をおき、
お茶とお菓子などですませるスタイルが増えています。

また、結婚が家と家との結びつきを象徴していた時代は、見合いには必ず親族が
付き添って、相手を客観的な目で観察していましたが、今は仲介者と本人同士の
3人で会うスタイルが多くなっています。

付添い人の同席の有無については、本人たちの意見を尊重して決めると良いでしょう。
同席の際は、仲介者が間に立って、双方の人数が同数になるよう調整します。


◎ 見合いの日時と場所



見合いの日時は、仲介者が、本人たちから日時や場所の希望を聞いてから席を
セッティングします。とくに休日の午後など、双方が集まりやすい日時を選びましょう。

一般的に、
見合いの時間は、2〜3時間が適当で、相手の人柄を把握するには、
それくらいの時間は必要でしょう。

※注意 休日の昼食や夕食の時間帯は混雑しやすいですから、午後2時過ぎの
     ティータイムがおすすめです。双方の都合上、夕方から始める場合には、
     落ち着いて話せる場所を選び、遅くても、8〜9時ごろまでには終わらせる
     ようにしましょう。


見合いの場所は、

・ホテルのラウンジやレストラン、喫茶店などが一般的。
・仲介者の自宅で行うケースもあります。

あまりに格式の高い料亭や高級レストランなどは、とくに若いふたりが緊張していまう
でしょうから、できれば避けたほうが無難です。


◎ 見合いの服装


・女性は上品なワンピースやスーツ。
 会場が和室の場合には、フレアースカートが便利です。

・男性は、きちんとしたダークスーツ。
 下のボタンはひとつはずしましょう。また、ネクタイは派手すぎないように注意。

・仲介者や付添人は、見合いする本人たちよりも、控えめな服装にしましょう。

スポンサードリンク

                                                ▲ページUP

◎ 初対面の挨拶のながれ


・仲介者は、指定の間所に約束の時間より30分前に入り、本人たちを待つようにする。

・本人たちが、仲介者より先に到着した場合は、レストランならば、店の外で待ちます。
 もし、店の係員に席へ案内されたときは、入り口に近いほうの下座に着いて静かに
 待ちましょう。

・全員がそろったら、洋室の場合はイスから立ち、和室の場合は座布団からおりて、
 仲介者の紹介を受けます。

・仲介者は、一般的には先に男性を女性に紹介し、つぎに、女性を紹介します。

・仲介者に紹介されたら、相手の目を見て 「はじめまして」 と会釈をし、
 「○○でございます」 と自己紹介をして、ていねいに頭を下げます。

・本人同士の自己紹介が終わったところで、仲介者は付添人についても軽く紹介し、
 それぞれ着席します。

※注意 初対面の挨拶は明るくていねいに振舞うことが大切です。

                                                ▲ページUP


履歴書の書き方



 見合いに必要な履歴書の書き方は、自分自身を相手に伝える唯一のPR資料ですので、
丁寧に書くようにしましょう。また、見合い用の履歴書用紙は、市販のものはビジネスの
印象を与えてしまいますので、白無地の上質な便せんに自筆で記入するようにしましょう。


 
・住所
 ・氏名
 ・生年月日
 ・学歴 (○○中学卒業後から最終学歴まで詳細に記入)
 ・職歴 (会社名だけでなく、配属先・転勤先・勤務年月など詳細に記入)
 ・取得免許、資格 (自動車免許や英検、ワープロなど詳細に記入)



◎ 仲介者の気配り


・仲介者の役割は、進行係と接待係を兼ねていますので、事前に本人たちの資料に
 よく目を通しておき、会話がうまく運ぶように配慮しましょう。

・話題は、ふたりの仕事の内容や趣味などを中心にします。
 また、会話がとだえたときなどのために、ふたりの共通の話題を用意しておくように
 しましょう。

・お茶や食事が運ばれてきたら、 「どうぞ冷めないうちに」 とすすめます。

・1時間ほど経過して、ふたりの会話がはずんでいるようでしたら、
 仲介者はタイミングをみて、付添人とともに席をはずすようにしましょう。


◎ 本人たちの気配り(ふたりだけになったとき)


・ふたりだけになった場合は、急になれなれしい態度をとったり、相手の収入や
 財産などについての露骨な質問は避けるべきです。

・お互いに意気投合したときは、つぎに会う約束をしてもかまいません。
 その際は、仲介者にかならず報告するようにしましょう。
 反対に、相手が気に入らないからといって、その場ではっきり断ったり、
 すぐに帰るようなことは慎みましょう。

                                                ▲ページUP


◎ 見合いの費用とお礼


見合いの費用は、仲介者の分も含めて双方で折半します。

しかし、見合い当日の支払いは仲介者に任せて、後日のお礼に出向いたときに
渡すと良いでしょう。

金額は、実費のほかに、仲介者へのお礼として 1〜2万円包むのが一般的です。
熨斗(のし)袋に赤白の結び切りの水引をかけ、表書きは 「御礼」 「謝礼」 とします。


◎ 見合いの際の主な注意点


・席に着くときや食事の際は、仲介者にすすめられてからにする。
・宗教や政治、思想などを話題にしない
・相手の財産などについて質問しない
・相手の身体的なことに関して質問したり、話題にしない
・自分 (身内) のことを自慢しない
・付添人は本人たちより多く話さないようにする



◎ 見合い後の返事など…行動のながれ


・見合いが終わって帰宅後、その日のうちに仲介者へお礼と報告の電話を入れます。
 その際は親もひと言お礼を述べるようにしましょう。

・交際をするか否かの返事は、
2〜3日以内に、遅くても1週間以内に伝えるようにします。
 交際を希望する場合は、一方的な印象にならないように、
 
「○○様さえよろしければ交際させていただきたいと思います」 のように、
 先方の意向を考慮した表現にしましょう。

・見合いのときに、相手とつぎに会う約束を交わしてきた場合は、
 それが承諾の返事になりますが、仲介者にもその旨をきちんと報告するのが礼儀です。

                                                ▲ページUP

◎ 交際を断る(辞退)・断られたとき


交際を辞退したい場合は、相手の気持ちや仲介者の立場を考慮して、
謙虚にこちらの意向を伝えましょう。

上手な断り方の一例 
 
 * 「とてもよいお話なのですがあまりにもご立派な方で、わたしには過ぎたご縁では
   ないかと思いますので、このたびの話は辞退させていただきたいのですが…」
 * 「書類を拝見させていただきましたが、私には向かないように思われますので、
   このたびの件は白紙に戻していただきたいのですが…」
 * せっかくお世話いただいたのに心苦しいのですが、じつは先日、
   上司からお見合いをすすめられまして…」


本人がいいにくいときは、手紙で伝えたり、親が仲介者宅を訪問してお断りしても
良いでしょう。

反対に断られた場合は、仲介者に執ように理由をたずねるようなことは避け、
お礼を述べて、早めに気持ちを切り替えるようにしましょう。

いずれの場合も、相手方の写真・資料などをそっくり仲介者に返却しましょう。
引きつづき縁談をお願いする場合は、
「またよい話がありましたら、ご紹介をお願いいたします」 とあらためて依頼するように
しましょう。



◎ 交際後から プロポーズまで


交際を始めたら、2〜3か月以内に、遅くとも6か月以内には、
結婚の意思があるかどうか、結論を出すようにしましょう。

その間は、仲介者にときどき連絡をして、自分の気持ちなどの状況を伝えるように
しましょう。

結婚の申し込みは、仲介者を通さずに、本人に直接申し込んでもかまいません。
プロポーズを受けたほうは、できるだけ早く返事をしましょう。
お互いの意思が固まったら、ふたりそろってそれぞれの家庭を訪問し、
家族の承認を得るようにしましょう。

※注意 仲介者のところへ、ふたりで挨拶に伺いますが、その前に、結納(婚約式)や
     結婚式での仲人もお願いするかどうかを決めておきましょう。


                                                  ▲ページUP

冠婚葬祭マナー/TOP

サイトマップ

 結 婚

見合いマナー
結納
結納の挨拶(口上)
結婚式の準備
新郎新婦の心得
披露宴/結婚式マナー
結婚式/披露宴スピーチ

結婚式/披露宴の服装
結婚式・披露宴
  スタッフの心得


 お祝いと行事

結婚祝い
結婚記念日
帯祝い
出産祝い・金額相場ほか
お七夜・お宮参り
  ・お食い初め

初節句のお祝い
七五三のお祝い
入園・入学祝い
卒業のお祝い

就職のお祝い

成人のお祝い
栄転のお祝い
昇進のお祝い
退職・定年退職祝い
還暦祝い/長寿祝い
新築のお祝い
引越し転居祝い
開店お祝い
開業のお祝い
快気祝い・全快祝いほか


 葬 儀

葬儀葬式告別式のマナー
香典の金額・相場ほか
通夜のマナー

通夜・葬儀葬式の服装
葬儀葬式/告別式関連の挨拶
お悔やみの言葉
通夜ぶるまい

香典返しのマナー
法事・法要のマナー
法事法要の挨拶・案内状
法事法要の期日・回忌法要
法事法要の服装

 お付き合い

訪問の際のマナー

お中元 ・お歳暮
お見舞い
近所付き合いのマナー
引越し手続き・準備
公共 マナー


 テーブルマナー

食事のマナー


 手紙・はがき

お礼状
お祝い状

詫び状
通知・挨拶状/送り状

案内状・招待状
お悔やみ状
お見舞い状
時候の挨拶

 ビジネスマナー

ビジネスマナー 挨拶

ビジネスマナー 服装
ビジネスマナー 電話

ビジネスマナー 名刺

▼Others

冠婚葬祭の関連用語
見合い結婚のロゴ


                          ◆ Copyright (C) 知って得する!!冠婚葬祭マナー All Rights Reserved ◆